注目

2017年人類が滅亡するというニュースについてと立川市の自由な発想

惑星X(ニビル)という惑星があるということです。それは太陽系の惑星で3600年周期で公転していると言われています。木星、海王星、冥王星の軌道が計算値よりずれているので惑星が存在するという学者の仮説です。

その惑星が2017年10月に地球に激突すると言うのです。大きさは地球の5倍です。これで人類滅亡です。こう言い切ったのはデビッド・ミード氏という人です。彼の説も記されています。

この記事を見ると昔から色々あった予言めいたことを思い出しました。ノストラダムスの1999年の7月人類滅亡説です。しかしこれを科学的に裏付けた学者も居ました。

太陽系の惑星が十字に並びクロスするのがこの時期との事でしたが結局何も起こりませんでした。

今回も何も起こらないと思いますが、こんなニュースを見ると人類滅亡はさておき、夢があります。子供時代に感じた変な期待感が蘇りました。

最近ではこんな予言めいたニュースはありません。また色々な謎も科学的に解明されて、不思議なことはどんどん減っています。

2017年10月といえば今年です。本当に激突したら困りますがその時まで心の片隅に期待感をもった生活が出来ます。

その日が近づいて来たら世界は騒ぎ出すだろうかとか、テレビは特番を組むだろうかなどと考えただけでワクワクしてしまいます。

立川市の自由な発想が若者の流出を防いだ

東京都の立川市が若者の人口流出を食い止めるために考え出したのは、1000円の有料婚姻届けでした。

これは一生残せるアルバムのようなつくりで、二人も写真も入れれる作りで、発案したのは20代から30代の職員チームだそうです。若い人の発想で婚姻届を求めて市内のカップルはもとより、県外からも訪れているとの事です。

ここで疑問が生じました。何故県外から?ということです。調べてみました。

なんと婚姻届はどこで出してもいいということです。この事実を知っている人は少ないと思います。

しかしこれを逆手にとって若者を呼びこもうという発想は見事です。実際に役場には連日若者カップルが訪れているそうです。今のところ移住とまではいかないようですが、経済効果は抜群です。

役所側は1000円で販売しても制作費などを考えると利益はないそうです。しかし、この婚姻届のおかげで若者が訪れてくれれば、流出人口は減るはずと言っています。そして次の手も考えているそうです。

役所仕事は旧態依然が多いと思います。その中でこの取り組みは風通しのいい立川市の役所だと思います。

若い人が自分の意見を主張できて実行できると言うことは、役所でも民間でも大切なことです。

この成功例の記事を見て自分のいる会社をもう一度見直すきっかけになりました。

【PR】エミオネ

70年代の大物また一人堕つ

2016年は洋楽の大物ミュージシャンが数多く死んだ年です。

その中でも個人的にショックだったのはグレン・フライの訃報です。

私は10年近く、趣味でギターを続けいて、彼の所属するEAGLESというバンドのファンでした。

EAGLESはブルーグラスやカントリー・ウェスタンとハードロックを融合させた独自のスタイルで、70年代の音楽シーンを席巻しました。

私は高校生の時にベスト盤を試聴してファンになりアルバムを全て揃えた記憶があります。

70年代の有名なロックバンドは、メンバーそれぞれに様々な伝説や逸話があり、ネットを見るだけで情報がわかります。

ただ、EAGLESに関しては知名度の割にバンドの事情なりメンバーの人柄が分かるような情報が極端に少ないのです。

数年後、バンドメンバーが当時を語った本が発表され1冊手に入れることができました。

70年代の狂騒、売れてからの方向性の違い、周囲の並々ならぬ期待とストレス、プレーヤーとしてのプライド、人間関係の変化など当時のシーンやバンドの内情を知ることができました。

バンドのリーダー・フロントマンとしてメンバーを牽引し、契約・版権などの運営ビジネスにも携わったグレン・フライ。

バンドのアイデンティティの一つであるカントリー音楽と彼の声はすごく相性がよく、初期のEAGLESの象徴でした。

残されたメンバーは今のところ再結成の可能性を否定しています。もう、彼の歌う曲が聞けないと思うと残念でなりません。

年金支給年齢引き上げ??とゲームの時代の移り変わり

高齢者の定義を75歳とし、定年年齢を延長するという動きがあるらしい。

現在の社会保障制度では財政を維持できないからという理由はとってもよくわかるし、働けるうちは働きたいと自分も思うのです。

同時に年金支給開始年齢についても同時にひき上げになりますよね?だけど、自分、75歳まで健康でいられる自信、全くないです。

しかも仕事は看護師。この過酷な肉体労働、せいぜい働けても65歳くらいじゃないかと。

それも夜勤免除の日勤のみでという条件。65歳で定年退職したら他の仕事を探すことになるのでしょうけど、新卒で働き始めてこの道○○年。専門馬鹿みたいなもんですよ。

しかも65歳から新しい事を覚えて、お給料がもらえる程度に働くって、無理っぽい(涙)
いったいどうなっちゃうんでしょう。

私、定年退職後、蕎麦屋を開業しようと思っていて、売り上げは赤字が出ない程度の道楽レベルで、生活費は年金と貯金でって思っていたのに、そのプラン、見直し執拗じゃないですか!

少なくとも、介護施設などでよく見かける、寝たきり老人の胃ろう栄養は廃止すべきじゃないかしら。

私たちの世代、もう長生きしちゃダメですよ。仕事が出来なくなったら、即、死亡。みたいな。将来姥捨て山制度復活ですよ。

「終活」っていう言葉が最近ようやく認知されてきたけど、自分が寝たきりになったら、延命治療不可っていう、安楽死、尊厳死制度もちゃんと法整備を整えなきゃね。

ゲームの時代の移り変わり

任天堂から新しいゲーム機として、Nintendo switchが発表された。ただ、値段が思っていたよりも高かったということもあって、株価はむしろ発表後に下落していった。

自分が小中学生の頃、スーパーファミコン、プレイステーション、ニンテンドウ64、セガ・サターン等、ゲームは正に全盛期で、クラスのほとんどがなにかしらの機種を持っていたし、暇さえあれば毎日やっていたと思う。

そのため、今でもゲーム=置き型のイメージが強く、スマホでポチポチやるのは簡易ゲームとしてはともかく、本格ゲームとしては受けいれられない。

ただ、世の中はもうそうではないのかもしれない。

今回のswitchの発表会でも、ゼルダの伝説、ドラゴンクエスト、スーパーマリオ、真・女神転生と、名だたる名作の新作が発売を期待・発表された上で、それでも株価がどんどん下がって行ったというのは正直ショックだった。

株価は株をやる人の予想であり、蓋を開けてみればやっぱり大ヒット、定番のものとして定着する可能性はもちろんあるし、やってみないとわからないというのもあるが、それでも、スタートからネガティブな印象を与えてしまったのは事実であるし、これも時代なのだと受けいれないといけないのかもしれない。

インフルエンザ対策でのマスクの必要性とヤクルト

この時期になるとインフルエンザやノロウイルスなど
子どもも大人もかかると厄介になる病が流行りますよね。

インフルエンザのワクチンは賛否両論ありますし、記事に書いている通り、2015年から値段が高くなりました。
保険がきかないワクチンなので、病院が料金を決めることができます。
私が毎年通っている病院で値段が上がってしまいました。

記事にも書いていますが、私が通う病院でも「今年は1カ月以上シーズンが早いからワクチン早く打とうね。」と言われました。

子どものワクチンの場合は、2回打たないといけないので最短間隔の2週間で終わらせましたが同じようにワクチンを急ぐ人や

「インフルエンザかかったかも」と小声で言いながら待つ人など、沢山いました。

小声で「インフルエンザかかったかも」と言っていた方には失礼ですが
その方はマスクをしていなかったので、正直「私や子どもにかかるのでないか?」と不安になりました。

小さな病院で人が多くて動けなかったのですぐにマスクを着け、子どもがマスクを外さないように必死に位置を直したりしていました。

記事にも書いていますがインフルエンザは「飛沫感染」で広がるので、呼吸をする際に入ってこなきゃかからないと思ったのです。

マスクのおかげか、その方がインフルエンザじゃなく風邪だったのかは不明ですが、私も子どもも体調を崩すことはありませんでした。

記事を読んで「やっぱりマスクは有効なんだ」と思いましたが、マスクの使い方にも注意が必要であることを知り驚きました。

インフルエンザは4月までかかる人が見られるそうなので、今後の対策では、注意する点にも気を付けようと思います。

お風呂上りや朝起きた時に飲みたいヤクルトの秘密

朝起きた時や子どもにあげるジュース、お風呂上りに飲みたくなるジュースと言うと「ヤクルト」ではないでしょうか?

私もよくお風呂上りに飲んでいましたが、晩御飯に影響しないほどよい量なんですよね。

そんなヤクルトの記事をヤフーニュースで見つけたので読んでみました。

何気なく飲んでいたヤクルトですが、知らなかったことが沢山あったので書いてみようと思います。

ヤクルトの形は、日本らしさを出すために「こけし」の形をしているそうです。

子どもが持ちやすいようにくびれがあると思っていたので驚きました。

全国共通の形らしく、「ゆっくり味わってほしい」という思いが込められているというのも書いていました。

世界31か国に進出していることも驚きでしたが、その形も日本と同じ。

世界のだれかとお話しする際に「ヤクルト」の話題で盛り上がることができるかもしれないと思うとヤクルトの凄さを感じました。

一気に飲みがちなヤクルトですが、ゆっくり飲むと味を一層濃く感じれて美味しいんですよね。

味が違うので比較することはできませんが、濃厚にしたカルピスのような喉越しもヤクルトの良いところです。

ヤクルトを飲んでも数日で体外に排出してしまうので毎日決まった時間に飲んだ方がいいということも知らなかったのでこのニュース記事を読んでよかったと思いました。

トランプ氏の不支持51%、異例の不人気について

トランプ氏の不支持率が51%との記事がヤフーニュースに載っていました。

トランプ氏は先日、記者会見をしましたが、前日はオバマ大統領の最終演説がありそれと比較されることになりました。

オバマ氏は民主主義の理想を語ったのですが、トランプ氏の発言は一方的なもので、記者の質問に答えないもののようでした。そのために人気が出なかったのではないかと思います。

またトランプ氏は事実も知らないのではないかとも考えられているようです。

まもなく大統領の就任式が始まるようですが、その就任式でのトランプ氏の演説がどのようなものかも注目されています。

ただトランプ氏は企業の経営者であるので、彼の政策も現実的になるのではとの予想がありますが、彼の今迄の言動を見ると不安な面が出てきています。

どのような政策を行うか注意深く見守るしかないと思います。

オバマ大統領の最後の演説で、「後4年、後4年」との声が大きかったようですが、オバマ大統領は「それはできない」と言っていました。

このこともトランプ氏が不人気なのかと思われます。

選ばれてしまった以上は任期までやってもらうしかないのでしょう。4年間の政策が悪かったのならトランプ氏を再選しなければ良いのではないかと思います。

なぜ人気がないのに当選した?

いよいよ新大統領に就任するトランプ氏。その不支持率が過半数を上回ったと言うニュースです。

どこの国にもご祝儀相場と言うものはあるようで、通常ならば就任早々は比較的高い支持率が出るはずなのですが、彼の場合はどうも違う。
それもそのはずで、トランプ氏は大統領選挙においてなんとクリントン氏に票数では負けているのです。

その差は約200万票。お互いに6000万票以上獲得している中での3から4パーセント差ですから、僅差と言うにはやや差が開いているような印象さえあります。

それでもトランプ氏が当選できてしまうのは、選挙制度の問題でもありますが、やはりクリントン氏の支持が偏っていたことが大きいでしょう。

つまり、東海岸の大都市のある州やカリフォルニア州のようなリベラル票の多い地域でクリントン氏は集中的に得票したものの、中部や南部の州ではほとんどトランプ氏がリード。
結果として、得られたポイントはトランプ氏が大差でクリントン氏を引き離し大統領当選を決めたわけです。

しかしながら全米トータルの票数ではトランプ氏は負けてしまったわけですから、世論調査で不支持が上回るのはある意味不思議でも何でもない話。

そもそも、トランプ氏、クリントン氏、双方が不人気と言う大統領選でしたから、たとえクリントン氏が勝利していたとしてもやはり不支持率は相当高かったのかもしれません。

日本の離婚は3人に1人という高水準になったそうです

昭和の頃は離婚するという事自体滅多にありませんでした。

まだ家族制度が色濃く残っていた時代だった為、離婚するともなると親類縁者や周囲のあらゆる人から反対されましたし、いざ離婚ともなると周りの目が冷たくなった事も事実です。

私は現在58歳ですが、私が昭和の頃は離婚するカップルは数えるばかりでした。

当時アメリカからのニュースでアメリカ人の離婚率が急激に上がっているような話を目にしましたが遠い外国の話で日本はそうならないだろう思っていましたが、日本でも今や離婚が増加しており、3人に1人離婚する時代になったのですね。

そこまで欧米化してしまったのはちょっとした驚きです。

勿論離婚するにはそれなりの理由があるのでしょう。

ただ、その事は構わないのですが、母子家庭が生活保護に頼らざるをえないケースも多いですし、母子家庭だという事で子供がいじめに遭ってしまったり、教育が行き届かなくて非行に走ったりするケースを目にする機会がある訳で、今の日本はまだまだ簡単に離婚が出来る環境ではないのだなという思いもあります。

しかし、そういう苦難があるにも関わらず離婚率がこれほど上がっているのですから、環境が整っているとした離婚したいであろう離婚予備軍も相当数いるのではないかと思われます。

幸い我が家は離婚のりの字も出ない程度には幸せではありますが、それでも人間の心はちょっとした事で変わってしまう事も確かです。

このニュースを目にして一番思う事は、幸せな今に満足する事なく相手を思いやる心をいつまでも忘れないようにしなければいけないという事ですね。幸せにしたり、幸せになったりする為にはそれなりの努力も必要だと思うのです。

私もこんな風に愛されたいと憧れました

俳優の山本耕史さんがテレビ番組で奥さんの堀北真希さんとの結婚までのいきさつや心境などを赤裸々に語ったようですね。

山本耕史さんと堀北真希さんの結婚は「交際0日婚」などといわれて有名になりましたし、最近は第一子が無事に生まれたようで、結婚後も幸せな話題が絶えないお二人です。

山本耕史さんが、堀北さんのことをずっと好きでいたこと、コレは本当に凄いことだと思います。

山本耕史さんはすごくモテると思うし、望めばどんな女性とでもお付き合いできると思いますが、ずっと思い続け、仕事を全て失ったとしても彼女と結婚したかったなどというアツい思いで堀北さんを思い続けたなんて本当に凄いなぁと思いました。

でも、堀北さんも軽い女性ではなくて、話しかけないでくださいと、最初は言い寄る山本耕史さんを拒絶していたところもしっかりしていて良いですね。

きっとそういう真面目な一面、一本芯の通った強さに、山本耕史さんもさらに惹かれる思いが強くなったのかもしれません。

でも、出会ったときから、何度ふられてもアタックを続けるその諦めない熱い思い、結婚してからも全然変わらない熱い愛情、コレを恥ずかしがることも無く堂々と語る山本耕史さんの姿が本当に凛々しくて清々しくて、かっこよいと思いました。

女性なら誰でもこのように愛されたいって憧れてしまうと思います。

SMAPも解散したんだから報道からも解放して欲しい

昨年1年間、芸能界はSMAPの不仲と解散報道ばかりが目立ち、メンバーそれぞれの言動がネットやテレビに常にクローズアップされていた。

SMAP×SMAPの謝罪会見では、メンバーの並ぶ位置や顔の動かし方、発言した内容の心理分析まで様々な報道がされていた。結局の所、木村のおかげと発言した草なぎの言葉から木村対
4人の構図が明確化されたような形になってしまった。

夏にSMAPの解散とSMAP×SMAPの年内終了が発表されてからは、メンバーが唯一集まるこの番組での収録の様子が逐一伝えられる。現場の雰囲気が最悪なので客が入れられない、ピリピリしたムードが漂っているなど視聴者がとてもじゃないが楽しんで番組を見ようという気にならないものばかりであった。

SMAP×SMAPの最終回の際には、中居がスタッフ全員にスニーカーをプレゼントしたという美談や、タモリのビストロでの粋な判定という明るい話題もあったが、そのビストロで香取が木村だけにはグラスを合わせなかったなど、最後まで不仲を強調したような話題がネットに出回っていた。

そして解散した年明け、大晦日の中居、香取、草なぎ、稲垣、森の解散式の様子が一斉に報道された。一般の客もいる焼き肉店で会ったということもあるが、店に入るメンバーを記者が写真に納めているのも不自然であった。

自分たちが続けてきた仕事に区切りを付けるための慰労会に、しかも解散したグループになぜこんなに後追いするのだろうか。木村が誘われたが誘われなかったかが言われ続けているが、解散したグループに何を求めて報道しているのかわからない。

不仲だったり、もめ事があった方が話題性があるのかもしれないが、メンバーもいい年なんだからいい加減アイドルという地位から解放してあげた方が良いと思う。

過熱気味なSMAP報道に対して、世間はこの騒動に関しては賞味期限切れだと思う。

そのうちみんなが忘れた頃にメンバーから暴露本が出るかもしれませんが。これからの個々の活躍を影ながら応援していきたい。

本来のよい評価が戻ってほしいと願っています

昨年末で解散したSMAPですが、年が明けたら、草なぎ剛さんと木村拓哉さんはそれぞれに主演のドラマをすることになり、変わらずに活躍をしてくれるのでファンとしては嬉しいところです。

グループとしての五人そろったSMAPは、もう見ることは出来ないですけれど、個人の仕事が充実していて、それぞれ頑張ってくれたら良いかなとも思います。

私がファンの一人として凄く胸を痛めていたのは、なんと言っても解散の理由に関して、木村拓哉さんが凄く悪く言われていたことです。

全ての原因が彼にあるかのように、かなりシビアな報道が続いていたのは残念なことでした。
私たちは本人ではないから、解散の原因をはっきりと知ることは出来ないし、誰が悪いという事を考えるよりも、もっと前向きなことを考えていたいと思っていました。

それでも止まない木村さんへのバッシング、どんどん木村拓哉さんだけが悪者になっていくという雰囲気は止まらなかったのです。

でも、今日のニュースで、ついに木村さんのよい面がピックアップされ、ファンをとても大切にしている思いとか、喧嘩をしても、意見が分かれても、それでもSMAPをとても愛していたという誠実な思いが、木村さん自身の発言を通して理解することが出来たし、はっきりと自分の口で語ろうとする木村さんの姿勢が前向きに評価されて本当に良かったなと思いました。

任天堂の新型ゲーム機は成功できるのか?

任天堂の新型ゲーム機である「NintendoSwitch」が、2017年3月3日に発売される事が発表されました。

私は任天堂ホームページで、「NintendoSwitch」のプレゼンテーション発表のPVを見ていました。どうやら「据え置きゲーム機」として発売されるみたいです。

しかし、私は従来の任天堂DS3と同じく携帯ゲーム機としても遊べると思います。携帯ゲーム機としても使えるし、家庭用の据え置きゲーム機にもなるという事ですね。

つまり、「NintendoSwitch」は携帯・据え置きの両方に適応できるゲーム機という事になります。

すでに、「NintendoSwitch」専用のソフトである「ウルトラストリートファイターⅡ、ザ・ファイナルチャレンジャーズ」の発売も予定されており、こちらの方もPVを見ました。

「恋しさとせつなさと心強さと」という歌は懐かしいですね。

若干、ゲーム画面はスマホみたいになっていますね。しかし、やっている事は任天堂DS3と同じです。

有名ゲームを移植して、ゲーム機本体だけを買わせる作戦です。

この「ゲーム機本体だけを買わせるビジネス」が露骨になると失敗すると思います。

任天堂DS3にも「ストリートファイターⅡ」を持っている人がいれば、ただ単にゲーム機本体だけを買うか買わないかという議論になりますから。

いわゆる二度手間な出費になるのです。取り外し可能な「ジョイコン」の存在も微妙なところです。

携帯ゲーム機だけの目的で使う人からしたら、「ジョイコン」の存在は必要ありません。

問題なのは「NintendoSwitch」が任天堂DS3と比べて、どのように進化したのかという事です。そこが伝わらないと「NintendoSwitch」の購買意欲は湧いてきません。

40代・男性が任天堂ニュースを見て思うこと

 任天堂が同社のゲーム不振が続いているなかで、今年の3月に家庭用ゲーム機「スイッチ」を発売する。

このニュース記事に対して私は次のように考えました。家庭用のゲーム機ではテレビに接続するものと携帯ゲーム機を一緒にそなえたものを売り出すつもりであるといいます。

これは今のニーズに合っている。携帯のゲーム機がハンディーで使いやすいので好評であります。

ゲーム機が不振になる中、起爆剤になる可能性もあります。

何でも新しいものが良いというわけではありません。「スイッチ」は新しい可能性を秘めています。ゲーム機のソフトはやはり今までの物を使えるといいのではないでしょうか。

今の時代は物をたくさんというより、ある物を使うという時代なのです。だから所得が低くてなかなか買えない人でも以前の物を使えるように配慮があると良いと思います。

会社も自分の利益ばかり追求する進み方を改めるようにしなければなりません。

そうしないと淘汰されます。

任天堂も工夫をして社会に貢献していくようにしてほしいです。企業のガツイやり方はもう通用しないのです。

大人もゲームにはまる時代なのでもう少し利用者層を増やす努力をしてほしいと思っています。任天堂さんはそういったことのできる企業だと信じています。

ワンコがいる家にルンバは危険な理由

ワンコがいると癒されるのでワンコを飼っているって人も多いですよね。

そして、ルンバがあると便利だから、掃除は勝手にしてくれるので楽ちんだという意見もよく聞きます。特に共働きの家庭だったらルンバはオススメです。

だって、他のことをしている間に掃除をしてくれるルンバはホントに便利なんですよ。

そして我が家もどちらもあります、います。

でもね、両方あると危険なこともあるんです。

特に意識していないとそういった問題を考えることもないのでしょうが、これが実はあるんです。

先日起こった我が家の悲劇な出来事の話です。

我が家も掃除にルンバを使ってるんですね。共働きなので。

そして、ワンコは室内犬なので、家の中は自由にさせているんです。ワンコのトイレはリビングの端のほうに設置してあるんです。

我が家のワンコ、トイレは一応できるのですがたまに失敗するときがあるんです。ちなみにミニチュアダックスフンドです。可愛いんですよ、こいつが。

そのうちのワンコなんですが、トイレの片付けをしていないとき。おしっこをした後にトイレの片付けをしていないと次のおしっこを失敗したり、うんちをトイレ以外でしたり・・・するんです。

そんな100%トイレができないワンコだから起きた悲しい事件です。

妻がいつものようにリビングをルンバで掃除していたんですね。まぁ、ルンバなんで勝手に掃除はしてくれるんですが。

そして、ちょっと目を話したスキに事件は起こったのです・・・。

ワンコがうんちをしちゃったんですね。トイレの外に。

そして、そのうんちをルンバくんはうんちと知らずに掃除をするわけです・・・。

すぐに異変に気づいたものの、リビングは悲惨な状態になっていたようです。

わたしが自宅に帰ったころにはカーペットの一部はカットされていました。まだ、買って数ヶ月のカーペットです。

妻も頑張ってカーペットの掃除を試みたらしいのですが、やはりニオイには勝てなかったようです(涙)

ルンバの掃除も大変だったみたいです。

ワンコを飼っているご家庭でルンバを使う場合はうんちをされないようにどこか別のところにいてもらう必要がありますね。

まさか、そんな悲劇が起こるとは予想もしていなかったので妻の落胆は半端ないくらいでした。

でも、ルンバが壊れなくてよかったです。カーペットはカットされるは、ルンバは壊れるわってなったらホントに洒落にならないですからね?(;´∀`)

ルンバ無いと誰が掃除するのってくらいルンバくんにはお世話になっていますからね。

ルンバを使う時はちゃんと周りを見渡して変なものが落ちていないかチェックしてから使いましょうね。

お寺でベビーカー自粛の看板

お寺でベビーカーを自粛する看板が、ネットに投稿されて問題になっています。

そのニュースを最初に見た時は、ベビーカーがダメなら車椅子の人もいけないのかと思いました。そのために、このお寺はなんでこんな看板を出したんだろうと思いました。

そしたら、以前はベビーカーの人を優先させるために一般の人と分けて道を作っていたようです。それを行ったら、悪用した人がいて無理やり子供にベビーカーに乗せて早くお参りが出来るようにする人がいたようです。

それは良くない事なため、看板を建てたのは仕方ないかなと思いました。

しかし、看板の内容が伝わりにくいためベビーカーの自粛だけを伝えるとあまり良くない印象を持ってしまうため良くないと思いました。

そのために、きちんとした事が伝わるため言葉をきっちりと伝えるようにすると良いです。最近の日本は言葉が足りない事が多く、もう少し付け加えるといいのにと思います。

お寺ももう少し丁寧な言葉で看板に書くと、ネットに乗せられる事もないと思いました。

勘違いでこのようになってしまったのは、もったいないとも思いました。ネットに投稿した人もお寺側の意見も両方わかるので、みんなに分かるように看板を作るべきだと感じました。

(30代・女性)

大江戸温泉物語とそっくりな中国の温泉施設

中国の上海に温泉施設が出来たのだが、日本の大江戸温泉物語にそっくりです。また中国のパクリが始まったなと、思いました。

真似てないと言ってはいるものの、ニュースで見た時はどこが真似てないのと思うくらいそっくりでした。中国人が似ていても、楽しければいいと言っていたが日本人としては似ているのは良くない事だと思いました。

しかも売られているお土産も日本の大江戸温泉物語にそっくりなため、確実にこれはパクっているなと思いました。それを普通に似せていないと言える中国人が、凄いと感じました。日本人は真似る事は少ないため、中国人の人柄が出るなと思いました。

なんでもかんでも真似るのは、最近は慣れてきたのでまた中国はやったのかと思う程度になっています。そのため、ニュースで聞いても特に嫌な気持ちは抱かなくなりました。

しかも、中国の大江戸温泉物語は靴箱の鍵のブレスレットを渡すタイミングがきちんとなっていなくて、トラブルも出ていました。

さすが中国ならではのトラブルであると、思いました。きちんと日本のように社員教育がなっていないため、普段の中国の様子を知る事が出来ました。国がらが見る事が出来て、日本人の真面目さが更に分かりました。

(30代・女性)